ノアルテンジェネリック(プリモルトN)の購入を検討してみた結果。

 

ノアルテンジェネリック(プリモルトN)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
耳より情報
レビュー
購入先

□概要

国内でも有名な黄体ホルモン製剤「ノアルテン」のジェネリック医薬品です。重要な女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンを補充し、無月経や生理不順・月経困難症・機能性出血・不妊症などを改善して女性機能を守ります。生理日調節も可能です。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠に酢酸ノルエチステロンとして5mg含有
ブランド Zydus Healthcare (ザイダス・ヘルスケア)


プリモルトNは女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)を補充する黄体ホルモン製剤です。日本を含め世界中で使用されている黄体ホルモン製剤「ノアルテン」のジェネリック医薬品であり、インドの大手製薬Zydus Healthcareが製造販売しております。

女性ホルモンには2種類あります。ひとつは卵胞ホルモンのエストロゲン、もう一つは黄体ホルモンのプロゲステロンです。どちらも非常に重要なホルモンで、エストロゲンプロゲステロンのホルモンバランスによって女性の体調は大きく変化します。

エストロゲンは正常な月経周期や排卵の維持、子宮・性器・乳房の発育、脳・骨・筋肉・関節・胃腸・肌の機能などに大きく関与する女性ホルモンです。

一方プロゲステロン排卵後に多く分泌されるホルモンで、子宮内膜を充実させ受精卵が着床しやすい状態にして妊娠の成立・維持をサポートする役割を担う女性ホルモンです。体温を上昇する作用があるため、排卵後のこの期間は「高温期(黄体期)」と呼ばれます。

プロゲステロンが不足して女性ホルモンのバランスが大きく崩れると、月経不順・月経異常・無月経・機能性子宮出血・不妊症・切迫早流産・習慣性早流産・更年期障害などの症状が引き起こされてしまいます。

プリモルトNの有効成分ノルエチステロンは合成プロゲステロンです。作用が強力で、体内で不足したプロゲステロンをしっかり補充することができます。

主な治療例を以下に記します。

<生理不順・無月経の場合>
プリモルトNを一定期間服用し、子宮内膜を充実・維持させます。その後服用を中止し、生理(出血)を起こさせることで生理のリズムを取り戻します。また、生理日の調整にも応用されます。

<月経困難症>
プリモルトNを継続的に服用することで月経困難症の原因となる排卵が抑制され、子宮内膜が薄くなり生理が軽くなります。月経困難症に対する治療有効率は100%というデータがあります。

<機能性子宮出血>
子宮内膜を維持して剥がれにくくすることで出血を抑えます。

不妊症>
黄体機能不全による不妊症の改善に有効です。排卵を確認して高温期にプリモルトNを服用することで、受精卵の着床をサポートします。(弱い男性ホルモン作用があるため、妊娠成立後の妊娠維持目的にはあまり向いておりません。)



□効果・効能

国内の適応症

  • 無月経
  • 月経周期異常(稀発月経、多発月経)
  • 月経量異常(過少月経、過多月経)
  • 月経困難症
  • 卵巣機能不全症
  • 黄体機能不全による不妊
  • 機能性子宮出血
  • 月経周期の変更(短縮及び延長)

□用法と用量

  • プリモルトNを通常成人は有効成分ノルエチステロンとして1日5~10mgを1~2回に分けて服用します。
  • 生理周期を延長する場合は、有効成分ノルエチステロンとして1日5mgを生理予定日5日前から服用開始し、生理周期を延長したい日まで継続的に服用します。
  • 生理周期を短縮する場合は、有効成分ノルエチステロンとして1日5mgを卵胞期に服用し、数日間継続的に服用します。
  • 症状や疾患によって用法用量・服用期間が異なるので、必ず医師の指示に従って服用してください。

最大限の効果を得るために

  • 飲み忘れがないように、正しい用法用量を服用してください。
  • 食事の影響はありませんが、毎日決まった時間に服用するようにしてください。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 症状や疾患によっては卵胞ホルモン(エストロゲン)製剤と併用します。



□副作用

主な副作用

  • 不正出血、無月経、乳房痛、乳房の張り、頭痛、めまい、倦怠感、疲労感、腹痛、腹部膨満感、吐き気、下痢、食欲不振、不安感、気分の落ち込み、浮腫み、体重増加、ニキビ、発疹、肝機能異常など

重大な副作用(ごく稀)




□耳より情報

日本では「ノアルテン」という商品名で認知されております。

国内でも昔から婦人科領域で多く使用される黄体ホルモン製剤です。

富士製薬から製造販売されております。

ノアルテン錠5mgの薬価は1錠あたり35.3円なので、100錠処方してもらう場合の薬代は3,530円になります。 ここに診察料・調剤料などの受診でかかる費用が加算されると総額では約7,000〜8,000円になることが想定できますが、適応症の治療の場合は保険が効いて(自己負担金額3割)、実際のお会計は約2,100〜2,400円となります。

何らかの処置や検査があった場合は更に数千円加算されます。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ノアルテンジェネリック(プリモルトN)