コンコール5mg(メインテート)の購入を検討してみた結果。

 

コンコール5mg(メインテート)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
耳より情報
レビュー
購入先

□概要

コンコール5mgは、心臓を休ませ、血圧を下げるお薬です。日本でもメインテート錠という名前で承認されており、高血圧症のほか、狭心症不整脈、慢性心不全の治療に使用されています。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にビソプロロールフマル酸塩(Bisoprolol Fumarate)として5mg含有
ブランド Merck (メルク)

コンコール5mgは、心臓を休ませ、血圧を下げるお薬です。

高血圧症のほか、狭心症不整脈、慢性心不全の治療に用いられます。

コンコール5mg は、Merck Consumer Healthcare Ltd.によって製造・販売されており、現在では世界100ヵ国以上で承認・販売されています。

日本でも田辺三菱製薬により、2011年にメインテート錠という名前で承認・販売されており、多くの医療機関で循環器系疾患の患者のために処方されています。

過剰な心臓の活動を抑制することで、血圧症のほか、狭心症不整脈、慢性心不全の治療に使用することができます。

その優れた効果は世界中で認められており、1日1回服用することで24時間にわたって良好な効果が得られます。




□効果・効能


□用法と用量

本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症心室性期外収縮

  • 通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、5mgを1日1回服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減します。

虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全

  • 通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、1日1回0.625mgの服用から開始します。
  • 1日1回0.625 mgの用量で2週間以上服用し、副作用が認められない場合には、1日1回1.25mgに増量します。
  • その後副作用が認められない場合には、4週間以上の間隔で副作用があらわれるか様子をみながら段階的に増量し、副作用がある場合は減量します。
  • 用量の増減は1回服用量を0.625、1.25、2.5、3.75又は5 mgとして必ず段階的に行い、いずれの用量においても、1日1回服用とします。
  • 通常、維持量として1日1回1.25~5mgを服用します。
  • 年齢、症状により、開始用量は更に低用量に、増量幅は更に小さくしてもよいです。
  • 本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減しますが、最高服用量は1日1回5mgを超えないこと。

頻脈性心房細動

  • 通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、1日1回2.5mgの服用から開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mgに増量します。
  • 年齢、症状により適宜増減しますが、最高服用量は1日1回5mgを超えないこと。



□副作用

コンコール5mgは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用は、徐脈、心胸比増大、倦怠感、ふらつき、めまい等です。
  • 重大な副作用は、心不全、房室ブロック等が起こることが報告されています。

これら以外にも、コンコール5mgを服用して何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□耳より情報

日本でも、コンコール5mg(日本での販売名メインテート錠5mg)を病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱30錠分のメインテート錠5mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
メインテート錠5mgの価格:1錠49.3円×30錠=約1,480円
合計約4,980~5,980円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,450~1,750円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

コンコール5mg(メインテート)