フェノパス(ソリフェナシン)5mgの購入を検討してみた結果。

 

フェノパス(ソリフェナシン)5mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
耳より情報
レビュー
購入先

□概要

フェノパス5mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。日本の製薬会社によって開発された有効成分を含有し、服用することで強力な効果を得ることができます。膀胱の過剰な収縮をブロックすることができるので、尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの諸症状を改善してくれます。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にコハク酸ソリフェナシン(Solifenacin Succinate)として5mg含有
ブランド SAVA (サバ)




□効果・効能

フェノパス5mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

1日1錠服用することで膀胱の過剰な収縮をブロックすることができるので、尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの諸症状を改善してくれます。

フェノパス5mgは、インドの有名な製薬会社であるSAVA (サバ)社によって製造・販売されています。

SAVA (サバ)社は2003年に設立された比較的新しい企業ですが、数多くの高品質な医薬品を製造・販売しています。

フェノパス5mgも、安価でありながら優れた治療効果を得ることができるので人気のお薬となっています。

有効成分に日本の製薬会社であるアステラス製薬によって開発されたコハク酸ソリフェナシンを含有しているのも人気の理由の1つです


□用法と用量

  • 通常、成人にはコハク酸ソリフェナシンとして5mgを1日1回服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減しますが、1日最高服用量は10mgまでです。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • 中等度の肝機能障害患者(Child-Pugh分類B)の服用は1日1回2.5mgから開始し、慎重に服用します。服用量の上限は1日1回5mgまでです。軽度の肝機能障害患者(Child-Pugh分類A)の服用は1日1回5mgから開始し、増量に際しては副作用発現に留意し、状態を十分に観察しながら慎重に行うようにしてください。[肝機能障害患者では血中濃度が上昇すると予想される。]
  • 重度の腎機能障害患者(クレアチニンリアランス30mL/min未満)の服用は1日1回 2.5mgから開始し、慎重に服用します。服用量の上限は1日1回5mgまでです。軽度及び中等度の腎機能障害患者(クレアチニンリアランス30mL/min以上かつ80mL/min以下)の服用は1日1回5mgから開始し、増量に際しては副作用発現に留意し、状態を十分に観察しながら慎重に行うようにしてください。[腎機能障害患者では血中濃度が上昇すると予想される。]



□副作用

有効成分コハク酸ソリフェナシンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、口内乾燥、便秘、霧視、排尿困難等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、ショック、アナフィラキシー、肝機能障害、尿閉、QT延長、心室頻拍、房室ブロック、洞不全症候群、高度徐脈、麻痺性イレウス、幻覚・せん妄、急性緑内障発作等が起こることが報告されています。

これら以外にも、副作用を起こすおそれがあります。
フェノパス5mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□耳より情報

日本でも、フェノパス5mgと同じ量の有効成分を含有しているお薬を病院から処方してもらうことができます。
日本の病院からは、ベシケア錠5mgを処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱30錠分のフェノパス5mgと同じ量のベシケア錠5mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ベシケア錠5mgの価格:1錠183.9円×30錠=約5,520円
合計約9,020~10,020円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,710~3,010円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

フェノパス(ソリフェナシン)5mg