イルベサルタンジェネリック300mg30錠の購入を検討してみた結果。

 

イルベサルタンジェネリック300mg30錠

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
耳より情報
レビュー
購入先

□概要

イルベサルタン300mgは、服用することで高くなりすぎてしまった血圧を下げることができるお薬です。高血圧症の治療に使用することができます。1日1回の服用で24時間にわたって良好な血圧コントロールを得ることができます。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にイルベサルタン(Irbesartan)として300mg含有
ブランド Sandoz (サンド)




□効果・効能

イルベサルタン300mgは、長時間作用型アンジオテンシンII受容体拮抗薬(Angiotensin II Receptor Blocker:ARB)といわれるお薬です。

服用することで24時間にもわたって優れた血圧低下作用を発揮し、高血圧によって引き起こされる腎臓病や脳梗塞心筋梗塞などの命にかかわる病気の発症を予防することができます。

イルベサルタン300mgは有名なジェネリックメーカーであるSandoz(サンド)によって製造・販売されています。

サンドは世界的に有名な製薬企業であるノバルティスのジェネリック医薬品事業部門であり、ジェネリック医薬品のグローバルリーダーとして高品質でリーズナブルな価格の医薬品を世界中に提供しています。

サンドは日本を含め世界160ヵ国以上で事業展開し、2014年度の全世界における売上高は約96億ドルにもなりました。

現在では、サンドは医薬品業界になくてはならない存在となっています。

イルベサルタン300mgもそんなサンドの製造する高品質なお薬であり、優れた治療効果をあらわします。

日本では承認されていない300mgもの高用量の有効成分を含有しているので、服用することで強力な効果を得ることができます。


□用法と用量

日本で承認されている有効成分イルベサルタンの用法は、以下の通りです。

  • 通常、成人にはイルベサルタンとして50~100mgを1日1回服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減しますが、1日最大服用量は200mgまでとしてください。

海外では、イルベサルタンとして最大300mgの服用も承認されています。




□副作用




□耳より情報

日本では、イルベサルタン300mgと同じ有効成分を含有するお薬を病院から処方してもらうことができます。
日本ではイルベサルタンを100mg含有するアバプロ錠100mgを病院から処方してもらうことができます。
1箱30錠分のイルベサルタン300mgと同じ量を処方してもらうには、アバプロ錠100mgが90錠必要です。

日本の病院から、アバプロ錠100mgを90錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
アバプロ錠100mgの価格:1錠102.3円×90錠=約9,210円
合計約12,710~13,710円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約3,820~4,120円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

イルベサルタンジェネリック300mg30錠