レビトラジェネリック・サビトラ20mgの購入を検討してみた結果。

 

レビトラジェネリック・サビトラ20mg(10錠入り)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
耳より情報
レビュー
購入先

□概要

最近満足のいく性行為ができていますか?ムラムラするのになかなか勃起しなかったり、勃起しても昔ほど固くなくなった方はいませんか?そんな方には最強のED(勃起不全)治療薬サビトラ20mgがおススメです!服用することで勃起を強く・固くすることができ、昔の自分を取り戻すことができます。

内容量 10錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠にバルデナフィル(Vardenafil)として20mg含有
ブランド SAVA (サバ)




□効果・効能

当ストアでご提供するサビトラ20mg(バルデナフィル)は、Hong Kong Standards and Testing Centre(STC)の成分鑑定を受けておりますので、ご安心してご購入ください。

サビトラ20mgは、SAVA社によって製造・販売されている最強のED治療薬といわれているレビトラ錠のジェネリック医薬品です。1錠に有効成分としてバルデナフィルを20mg含有しています。先発品レビトラ錠は最強のED治療薬ともいわれていおり、サビトラ20mgも強力な勃起誘発効果を有しています。1錠20mgの半分である10mgを服用するだけでも強力に効果をあらわし、EDに悩む男性の陰茎に作用し、硬く・強く・太く勃起を促します。性的刺激を受けることで容易に勃起しやすくし、ムラムラしたときに素早く勃起することができるので何回も挿入を可能にし、パートナーを満足させることができます。

サビトラ20mgは、有名なED治療薬であるバイアグラ等と同じホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害作用によってED治療効果をあらわします。ホスホジエステラーゼといわれる酵素には1~11の種類が存在し、陰茎にはホスホジエステラーゼ5が主に存在しています。ムラムラしたり性的刺激を受けると、体内ではサイクリックGMPといわれる成分が産生され、そのサイクリックGMP多くなることによって陰茎に血液が集められ勃起を促します。

サイクリックGMPは、ホスホジエステラーゼ5によって分解され無効化されるので、それによって勃起が弱くなってしまいます。そこでサビトラ20mgを服用することでバルデナフィルが体内に吸収されると、バルデナフィルホスホジエステラーゼ5の働きを阻害します。それによってサイクリックGMPが分解されず多い状態が維持され、強力な勃起を得ることができるのです。

バルデナフィルは最強のED治療薬といわれるように、ホスホジエステラーゼ5により選択的に作用するため多くの男性の方たちに愛用されています。一般的なED治療薬だと食後に服用してしまうと効果が弱くなるのですが、バルデナフィルは一般的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)であれば食後に服用しても問題なく勃起誘発効果をあらわすのも人気の1つです。お酒の影響もあまり受けないので、パートナーとデートした後でも安心してサビトラ20mgを服用できるので、素敵な夜を過ごすことができます。


□用法と用量

  • 通常、成人には1日1回バルデナフィルとして10mg(0.5錠)を性行為の約1時間前に服用します。
  • 1回10mg(0.5錠)の服用で十分な効果が感じられず、副作用がないあるいは我慢できる範囲であれば1回20mg(1錠)に増量して服用することができます。
  • 高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、有効成分バルデナフィル血中濃度が上昇することが認められているので、副作用を起こるおそれがあります。
  • そのため、推奨としては5mg(0.25錠)を開始用量とし、最高用量は20mg(1錠)までとしてください。
  • 1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上としてください。



□副作用

サビトラ20mgの有効成分バルデナフィルは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、頭痛、ほてり、鼻閉、心悸亢進、消化不良、めまいが起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、急激な視力低下や視力喪失が起こることがあります。
  • そのため、サビトラ20mgを服用する方は自動車の運転等の危険な機械の操作は避けることが推奨されています。

これら以外にも、バルデナフィルを服用することで副作用を起こすことがあります。

サビトラ20mgを服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□耳より情報

日本の病院では、ED治療薬を保険適用で処方してもらうことができません。

ED治療薬を購入するときは全額自己負担になるので、コストがかなりかかってしまいます。

価格も病院ごとにバラつきがあります。

おおよその目安として、病院を受診しサビトラ20mgの先発品であるレビトラ20mgを10錠処方してもらうのにかかるコストは、

  • 初診料・検査料:0~1,500円
  • レビトラ20mg価格:1錠1,600~2,000円×10錠=16,000~20,000円

合計16,000~21,500円もかかります。





□レビュー

妻とでは、中折れすることがあり2年ほど前に、バリフ20mgを購入しました。
効果は抜群で中折れなし、2回戦まで楽しむことができました。
ただ、飲むと顔のほてりと耳が赤くなるので飲んだのがばれるかもと少し心配していました。
今回はザビトラ20mgを購入しましたが、顔のほてりや、耳が赤くなるなどの症状はなく効果はバリフと変わりませんでした。
私は62歳ですが、効果抜群なので同世代の方にもお薦めです。
今回は10箱購入しましたが、なくなったらまた購入したいと思います。海外から郵送されますが、家族に知られたくない方は郵便局留もできるので安心です。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

レビトラジェネリック・サビトラ20mg(10錠入り)