アンタビュース(ジスルフィラム)の購入を検討してみた結果。

 

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
耳より情報
レビュー
購入先

□概要

 

アンタビュース500mgは、お酒をやめたくてもやめられない方がお酒をやめるために服用するお薬です。

抗酒薬や嫌酒薬ともよばれています。

多量の飲酒で身体を壊してしまっている方や、アルコールに依存しているような方が服用しています。

1錠に有効成分としてジスルフィラムを500mg含有しています。

服用することでアルコールの分解過程に影響を与え、少量の飲酒でも二日酔いのような不快な状態にすることで、アルコール依存を解消します。

注意点として、効果があらわれるようになるまで時間がかかるので、作用がより強くなるまでには1週間程度かかるため、まずは服用を続けるようにしてください。

□効果・効能

 

アンタビュース500mgの有効成分はジスルフィラムです。

ジスルフィラムは、1881年にGrodzhiが初めて合成し、その後ゴムの硫化促進剤として使用されていました。

当時、タイヤ工場の従業員がアルコールを飲み、しばしば激しい急性症状を起こしていることが知られていましたが、ジスルフィラムが医薬品として使用されるようになるのはもうしばらく先でした。

判明したのは1948年で、デンマークのJacobsenらによって発見されました。

Jacobsenらは、ゴムの硫化促進剤として使用されていたジスルフィラムが微量体内に吸収されることで、アルコールの代謝過程のアルデヒド分解を抑制する結果、体内にアセトアルデヒドが蓄積し、顔面潮紅、動悸、呼吸困難等の急性症状を起こすことを明らかにしました。

Jacobsenらによって、アルコール依存症患者に対する抗酒剤ジスルフィラムによるアンタビュース療法が提唱され、日本でも1950年に導入されています。

体内に吸収されたアルコールはまず肝臓で分解され、有害なアセトアルデヒドに変換されます。

さらに、アセトアルデヒドは肝臓内にあるアルデヒド脱水素酵素により酢酸に分解されて身体にとって無害な物質になります。

ジスルフィラムは、服用することでアルデヒド脱水素酵素の働きを阻害して、アセトアルデヒドが分解されにくくします。

その結果、有害なアセトアルデヒドが体に蓄積し、不快な悪酔い症状を引き起こすのです。

それによってアルコール依存症を治療します。

□耳より情報

 

日本ではアンタビュース500mgと同じ有効成分ジスルフィラムを含有しているお薬を病院から処方してもらうことができます。

日本ではノックビン原末を病院から処方してもらえます。

アンタビュース500mgの1箱25錠分と同じ量のジスルフィラムをノックビン原末で処方してもらうには、ノックビン原末が12.5g必要です。

日本の病院から、ノックビン原末を12.5g処方してもらうのにかかるコストは、
病院の診察料や処方料 3,500~4,500円
ノックビン原末の価格 1g 60.6円×12.5g=約760円
合計約4,260~5,260円もかかります。
保険が適用されて3割負担になって約1,280~1,580円かかります。

□レビュー

これを飲みさえすればお酒はやめられます

1錠を半分に割って飲んでいます。効き目は2日から4日ぐらいです。
すぐに顔が真っ赤になりみっともなくなるのでお酒がやめられます。飲むのを止めたい、と思っている場合はお勧めです。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg